簡単副業で収入アップにおすすめ!


ヤフオクで稼ぐ方法5選、今日から稼げる超具体的な方法を大公開!!


ヤフオクを使って時給1万円以上稼ぐことができる、
最新の稼ぎ方はこちらのページにて公開しています。



ヤフオクでは、ヤフオク内で落札して再度ヤフオクで売り直して稼ぐ方法や、ヤフオク以外で買った商品をヤフオクで高値で売るという方法があります。

ヤフオクで落札したものが、なぜヤフオクで高値で売れるのかというのには、ちゃんとした理由があります。


高値で売れる理由や実践編も合わせて丁寧に解説していきますので、やり方がわかったら早速実践してみましょう。

早ければ数日中に最初の儲けを出すことができます。


この記事ではヤフオクで稼ぐ方法を紹介していますが、ヤフオクで安く落札する際の効果的なテクニックは以下の記事で詳しく解説しています。

ビジネス視点で解説しているので、一般の人が気づいていないテクニックなども参考になると思います。

ヤフオク落札のコツ!実際に何度も安く買えた6つの方法を大暴露!

2018.01.10


まとめ売りやセット品で稼ぐ


ヤフオクでの稼ぎ方の一つに「まとめ売り」や「セット品」を落札してバラして売って稼ぐという方法があります。

なぜまとめ売りやセット品が稼げるのかというと、まとめ品やセット品というのは商品を1個ずつ出品するのがめんどくさいと思っている出品者が出品するからです。

そして、そういった出品者が販売する商品の中には、単品だと高値で売れる商品がいくつが紛れ込んでいることがあります。

そこを狙っていくのです。


しかも、多くの人は欲しい商品がある場合その商品のみをチェックするので、まとめ売りの中に欲しい商品が入っていても気づかずにスルーされやすくなります。

他にも、まとめ売りで落札した場合は余計な商品が付いてくるので、わざわざまとめ売りまでチェックする人は少ないということです。


その一方、まとめ売りなどを落札しようとしている人の中には、お得感を得るためだけに買う人もいます。

あなたの周りにもいるかもしれませんが、どこかのお店で何かの安売りをしていて、必要ないのに色々と買ってしまった、という方たちですね。

そういった人たちがまとめ売りに注目するので、価格が競り上がっていくとあっさりと諦めることも多いです。


しかし、例えまとめ売り商品の価格が上がったとしても、バラして売れば十分利益が出る価格で落札できる商品が多数存在するのも事実です。


では、その一例を紹介します。
(紹介するのはパソコンでの検索方法です)

まず、ヤフオクのトップページを開いてください。



検索窓に「まとめ」「セット」などと入力し、検索ボタン(虫眼鏡マーク)の左にあるジャンル設定を「おもちゃ、ゲーム」に設定して検索ボタンを押してください。

ページを開くとこのような画面になるので、画面左側のカテゴリの部分の下にある「ゲーム」をクリックしてください。

このようなジャンルの絞り方を繰り返して、最終的にニンテンドー64のゲームソフトまで絞り込んでいきます。

赤枠のジャンルを左から右に絞っていくと「タイトル」というところまでたどり着きます。
(これでニンテンドー64のソフトに絞った検索ができるようになります)


次に商品の並び替えをします。



商品一覧の左上の部分に価格や入札件数などを並び替えできる機能があります。


赤枠の部分をクリックすると並べ替えができるので、「残り時間の短い時間」にカーソルを合わせると、残り時間の短い順に並び替えができます。


並べ替えが終わったあと見ていくのは商品の入札件数です。



入札が入っていない商品は価格が高かったり、売れない商品の可能性が高いのでスルーして、入札が入っている商品のみ見ていきます。
(慣れてきたら入札が入っていない商品も見てみましょう)


過去の落札相場の中に実際に利益が出そうなセット商品を見つけました。

この商品のページを開いて説明文を見てみると、ゲームソフトの名前が記載されていました。

これらの商品が過去にいくらで落札されていたのかを見ていきます。

スーパーマリオ64⇒500円

マリオカート64⇒1150円

マリオパーティー3⇒310円

大乱闘スマッシュブラザーズ⇒1100円

ディディーコングレーシング⇒200円

ヨッシーストーリー⇒200円

ポケモンスタジアム2⇒300円

ポケモンスタジアム1は100円以下なので省いています。

麻雀64⇒280円


セット売りのゲームをバラ売りにした場合、合計で4040円になりました。

セット売りで落札した場合は1000円だったものが、バラして売るだけで3000円以上の差額が出たということです。

あなたも今回の方法でセット売りを落札すれば、同じように儲けを出すことができるようになります。


まずは、商品ジャンルなどの絞り込みをして入札が入っている商品をチェックする。

そして、商品をバラ売りした場合の落札価格の合計を確認する。

儲けが出そうなら落札してヤフオクで再度売り直す、という流れで実践してみましょう。


今回実践したのはニンテンドー64のゲームソフトですが、ニンテンドー64以外のゲームソフトやDVD、ブルーレイディスク、本などにも応用ができるので色々と調べてみましょう。

また検索する際のキーワードも「まとめ」や「セット」以外でも稼げるので、稼げそうなキーワードが浮かんだら試してみましょう。

メルカリで買ってヤフオクで売って稼ぐ

メルカリというのはフリーマーケットのようなやり取りをネット上で行えるサイト(アプリ)です。

メルカリの主な利用者は女性で、衣服などが頻繁に取引されています。

もちろん、ヤフオクで稼げるようなゲームジャンルやDVD、家電系の商品なども豊富に出品されています。


ではなぜ、メルカリで買ったものがヤフオクで売っても儲けが出るのかというと、メルカリというのは利用者の年齢層が若く、商品の価値をあまり把握していない方も多くいるというのが理由です。

なので、ヤフオクでは5000円で売れる商品でも、メルカリだと2000円で普通に販売されているといった状況があります。

そして、そういった商品をメルカリで買って、ヤフオクで売れば儲けが出るという形です。


それでは、メルカリで買ってヤフオクで売れば儲けが出るものを探していきましょう。



今回はパソコンからメルカリのサイトを使って実践してみます。

まずメルカリのトップページを開きます。

トップページが開いたら検索窓に「新品」と入力し、検索窓の右端の虫眼鏡マークをクリックして検索をします。

検索をするこ上のような表示が画面左側に現れるので、最初に検索した「新品」という言葉を削除します。

そして、キーワードに下にある「カテゴリーを選択する」という文字の下に大きなジャンルと小さなジャンルを設定する項目があるので、上のジャンルは「家電・スマホ・カメラ」に設定し、下のジャンルは「テレビ/映像機器」に設定してください。

2つのジャンルの設定が完了したら、ジャンルの下にあるさらに小さいジャンルのところで「DVDプレーヤー」にチェックを入れて、下にスクロールしてください。


するとこのような設定項目があるので、商品の状態のところを「新品、未使用」にチェックを入れて「完了」をクリックします。


検索結果には以下のように表示されています。



このように商品がずらりと並ぶので、ヤフオクで高く売れないかを順番に見ていきます。

今回は商品の状態を新品に絞っているので、画像の中の開封しているプレーヤーはスルーします。


ある程度調べてみると、ヤフオクで売ったら利益が出る商品が見つかりました。


家電などの場合は商品名が型番という形で表記されています。

このDVDプレーヤーは「DV-220V」という商品名になります。


こちらの商品は7500円で販売されていたので、ヤフオクでの落札相場を確認してみます。



メルカリで7500円送料込みで買えていた商品が、ヤフオクでは15690円で落札されていることがわかりました。

仮にあなたがこの商品をメルカリで買ってヤフオクで売っていたら、8000円程度の儲けが出ていたことになります。

たった一つの商品をメルカリからヤフオクへ移すだけで、これほどの利益が出るということです。


今回見つけた商品は売り切れていましたが、このような商品がメルカリにはたくさん眠っています。

しかも調べられるジャンルは他にも多数あるので、色々調べていけばさらに儲けが出る商品を見つけられるようになります。

そして、一度儲けが出た商品は何度でもヤフオクで売ることができます。


つまり、こういった商品を10個、20個と見つけていけば、月数万程度稼ぐのは簡単だということです。

 

出品価格を間違った商品で稼ぐ


ヤフオクというのは、商品をいかに安く落札できるかというのも利用者の楽しみの一つです。

そして、それを盛り上げるのが1円で出品している商品です。


1円出品とは出品者が1円で商品を出品し、その商品を欲しい人同士で競り合ってもらう方法です。

出品者のメリットとしては、商品をほぼ確実に売ることができるという点です。

当然、競り合う人が多かったり、高い金額で入札する人が多いほど高値で落札されやすくなります。


それとは反対に、競り合う人が少なかったり、高い金額で入札する人が少ないほど安値で落札されやすくなります。

出品者からしても、うまく売れば高値で売れるし、失敗すれば極端な安値になってしまうというギャンブル要素の強い売り方です。

それでも出品されるのは、商品を早く売ってお金に換えたいという気持ちが強いからです。


そして僕らが狙うのは、1円出品のやり方を間違った商品です。


1円出品で価格が上がりやすい商品というのは大抵の場合、需要があったり人気がある商品です。

そういった商品は店舗などでも目にする人が多いですし、狙っている人の総数も多いです。

だからライバルの数も多く、安く落札しにくくなります。

そして、価格が上がりにくい商品というのは、需要や人気がない商品です。

例えば、発売から年月が経った商品や、あまり知られていない商品というのは、それを狙っている人の数も少なくなります。

しかし、出品者の中にはそういった商品でも「1円で出品しておけばそこそこ売れるだろう」と判断して出品する人がいます。


でも現実は出品者が思うようにはならず、1円でオークションが終了したり、3000円で売れるはずだったものが1000円程度で落札されたりします。

そういった商品を1円で買ったり、格安で買ったあと、ヤフオクで適正価格(本来売れる値段)で売り直すことで儲けが出るということです。

先ほどの例でいえば、1000円で落札したものをヤフオクで3000円で売り直すということです。

これだけで簡単に儲けを出すことができます。



ではそういった「出品価格を間違った商品」を探していきましょう。

ではまず、ヤフオクのトップページを開いてください。

トップページを開いたら、検索窓の右端にある「条件指定」をクリック。



今回調べるジャンルは「家電、AV、カメラ」になります。

ジャンルの左にある○をクリックしてチェックを入れたら、現在価格の右枠に1と入力ししたら検索の準備ができたので、下にスクロールして「検索」をクリックしてください。


下にスクロールしても他の設定項目は何もいじらずそのまま検索してください。

検索して商品一覧が表示されたら、商品一覧の左上にある絞り込みボタンをクリックして「残り時間の短い順」にカーソルを合わせると、商品一覧の中から残り時間が短い順に商品を並び替えることができます。

このような検索結果になるので、上から順番に商品の落札相場を見ていきます。

落札相場を見る理由は、過去に落札された商品の入札件数が少ない商品ほど1円や格安で落札できる可能性がからです。

過去に落札されていた商品の入札件数が多ければ、1円で出品されていてもオークション終了間近で入札が増えやすいので、そういった商品は検索対象から外します。


商品の落札相場を見るには、商品名をコピーしてヤフオクのトップページから再度検索をかけて、「落札相場を調べる」という項目をクリックすると過去の落札状況を見ることができます。

ひとまず現在検索している状態で過去に1円でオークションが終了していた商品がないかを見ていきます。

商品を上から順に見ていくと、とても1円では買えないような商品が見つかりました。

画像の一番上にあるパイオニアの「DV-S5」というDVDプレーヤーです。

この商品は1円でオークションが終了していて、送料を調べてみると1000円くらいだとわかりました。

ということは1000円弱でこの商品を落札できていたということです。


では、この商品が普段落札されている価格を見ていきましょう。

上から2番目の商品が最近4000円で落札されていることがわかりました。

商品説明文を確認しても、商品の状態などは1円で落札できていた商品とほぼ同じです。


そしてさらに注目すべき点は、落札価格右側の入札件数です。

1円の商品も4000円の商品も入札件数が1件しかありません。

こういった商品こそ狙い目になります。


さらにこの商品が過去にどのような感じで落札されていたのかを見てみると、入札件数が1件のものがほとんどでした。

そして、商品自体は定期的に落札されているので、商品が売れない心配もありません。


今回の検索方法なら数千円で販売できる商品を1円で落札できるということです。

そして狙うべきポイントは2つあります。


まず大事なのが、過去に落札された同じ商品の入札件数が少ないということ。

そして、1円で落札しても儲けが出る価格で過去に売れていたということ。

この2点は外さないようにしてください。


この条件にマッチしている商品が先ほど紹介した商品なので、再度特徴を確認しておくといいでしょう。

買う時期をずらして稼ぐ

世の中にあふれている商品の中には、ある時期に需要が一気に高まる商品というのがあります。

春であれば花粉症用のマスク、夏や秋なら川・海のアウトドア系の商品、冬はヒーターなどですね。


では、これらの時期が真逆だった場合なら商品は売れるでしょうか?


秋に花粉症用のマスク、真冬にアウトドア系の商品、真夏にヒーター。

どれもこれも使わない時期なので、商品を買おうとすら思わないですよね?

これが狙うべき商品になります。


先ほどの商品をほとんどの人が使わない時期というのは、ライバルが圧倒的に少なくなったり、そもそも居なかったりします。

しかも、商品が売れないので安く手に入りやすくなります。


ではヒーターの例を見ていきましょう。



こちらの商品は秋頃に12000円で落札されています。

こちらは商品は、先ほどのものと同じ商品ですが、冬に24800円で落札されています。

同じ商品だったとしても、売る時期によって12800円もの価格差が出たということです。

そして、これを売っただけで1万円前後の儲けになります。


つまり、夏から秋にかけてヒーターを買っておいて、冬の初めから真冬にかけてヤフオクで売ればそれだけで儲けになるということです。

秋頃にこういったヒーターを10台買っておけば、冬に売り直すことで10万近く儲けることも可能になります。


ただこの方法で気を付けないといけないのは、冬に高値で売れている商品のみ扱うということです。

ヒーターの中にも人気がある商品、ない商品、ほとんど誰も知らない商品があります。

誰も買わない商品を夏に買っても、冬に売るのは難しいでしょう。


※この方法を試すにあたって一番簡単なのは、オークファンで過去の落札相場を見るということです。

ヤフオクでガッツリ稼ぎたい方は、オークファンライト会員になっておきましょう。

オークファンとはヤフオクで過去に落札された商品の価格を10年までさかのぼって調べられるサイトです。


ヤフオクで落札したい商品があったとき、自動で入札してくれる機能もあるので、落札相場を確認して稼げるとわかったら、自動で入札して落札するという使い方ができます。



それでは実践に入っていきます。

今回の方法を実践する手順としては、まず今の時期に狙えるものを考えます。

今が春なら夏に使う商品、夏や秋ならヒーターなどの商品、冬なら春や夏に使う商品などですね。


やり方の流れとしては、まずヤフオクのトップページを開いて、検索窓右側の「条件指定」をクリック。

以下のページが開いたらカテゴリの欄で「家電、AV、カメラ」にチェックを入れて下にスクロールしてください。



上の画像にある項目は何も設定せず赤枠の「検索」をクリックしてください。


すると以下のような画面になるので、画面左側のカテゴリの中から「冷暖房、空調」を見つけてクリックしてください。



次に以下のような画面が開くので、カテゴリの部分を冬に売れそうなものを選んでクリックします。

赤枠で囲んだ部分はどれも冬場に売れそうなものばかりなので、どの商品を選んでもかまいません。

今回はファンヒーターを選んでみます。

このようにファンヒーターの一覧が表示されるので、この商品が冬場にどれくらいで売れていたのかをオークファンを使って調べていきます。


そして、冬場に高く売れている商品が見つかった場合、今の時期に安く落札できそうであれば、安く買っておいて冬場に高く売り直すという形です。

上記の画像はオークファンを使って商品の落札相場を検索したものですが、オークファンを使えばこのように何年もさかのぼって落札相場を見ることができます。


オークファンで見るのは去年の冬にいくらでそのヒーターが売れていたか、ということです。

商品の相場というのは大体変わらないので、毎年冬になると同じ商品が似たような価格で落札されている現状があります。

なので去年の冬に売れているのであれば、今年の冬も問題なく売れるということになります。


不安であれば、去年に限らず2年前、3年前と落札相場をさかのぼって売れているか確認してみましょう。

そこまでやって売れているのであれば、夏に買って冬場に売れるという確証を持つことができます。


他にもこんな商品を売ることができます。

夏場にスノーボードを買って、冬場に売る。

冬場に除湿器や乾燥機を買って、梅雨の時期に売る。

受験シーズン以外に参考書などを買って、受験シーズンに売る。

などなど方法は色々とあるので、普段の生活の中で気付いたことがあれば試してみましょう。

お菓子を売って稼ぐ


ヤフオクで稼ぐためには、商品を安く買って高く売ることも重要ですが、一時的に定価以上になった商品を定価で購入して売るという方法もあります。

その一つとして、販売中止や製造中止になったお菓子を近所のお店などで購入して、ヤフオクで高値で売って稼ぐというやり方です。


商品の価格というのは、定価が決まっているからそれ以上の値段では売れないということはありません。

需要に対して供給が少なければ、高値であっても手に入れたいというのが心情です。


以前の例でいえば、「ピザポテト」というポテトチップス系の商品が高値になりました。

僕も好きでたまに食べますが、この商品は人気がありポテトチップス系の中でも定番商品となっています。

しかし突然、ピザポテトの材料となるジャガイモが不足する事態が起きました。


そうなると、日常的にピザポテトを食べている人は「ピザポテトが食べられないのは困る!」と思って、近所のお店を探し回ります。

しかし、都会の方だとすでに売り切れていてピザポテトを入手することができません。

そして、通販サイトも売り切れ。


そうなると、ヤフオクなどで探すしかありません。

しかし、全国的に売り切れている状態なので、欲しい人同士が競い合って高値になっています。

どうしても欲しい人は高値でも買うので、出品者が値下げすることもなく、定価以上の価格で落札されるという流れが生まれます。


狙うのはそこです。



では、ピザポテトの価格がどれくらい変動したのか見てみましょう。

ピザポテトの販売中止の発表が4月12日頃ですが、4月13日にはすでに商品が落札されていました。

一番上の商品の一袋あたりの価格が大体150円前後になるので、10袋で1500円で買える商品が2500円で落札されています。

三番目の商品は、一袋当たり290円前後なので、12袋で約3600円で買える商品が5980円で落札されています。


この方法は都会の方では難しいかもしれませんが、地方の方なら普通にスーパーなどにこういった商品が残っている場合があります。

商品が残っていた場合は、ヤフオクで高値で取引されているのを確認してから商品を買ってヤフオクで出品します。

このように、ただ商品を買ってきて、ヤフオクで売るだけで儲けることができます。


販売中止や製造中止などのニュースを目にしたら、軽くでもいいのでヤフオクでその商品の価格をチェックしておきましょう。

早めに行動すれば、商品を買える可能性も高くなります。


この方法のお菓子以外の例でいうと、歌手の引退や脱退、芸能人の不祥事などです。

そういったことがニュースに取り上げられると、ピザポテトと同じように高値になる商品が出てきます。

ファンがそのニュースを知り、それまで知らなかった人が注目し、商品がどんどん高値になっていきます。


ポイントとしては、ニュースで情報を知ってからすぐ動くことです。

ニュースで知ってから3日も4日も経てば、近所のお店でも売り切れて買えなくなるからです。


ただ、あまりニュースに敏感になるのも大変なので、ニュースがあったときに買い物をする用事があればチェックする程度でいいと思います。

普段は確実に稼げる方法を実践して、たまにこういったニュースで稼ぐ、というのが理想的です。

 

まとめ


ヤフオクで稼ぐというのは、やり方さえわかればそう難しいことではありません。

今回の方法をしっかり実践すれば、良いお小遣い稼ぎになると思います。


会社の給料だけだと自由になるお金があまりないとか、小遣いが少なくて不満があったりするのであれば、今日からお金を稼ぐ第一歩を踏み出してみましょう。

そうすれば、一ヶ月程度で生活にも多少余裕が出てくるはずです。


また、今回紹介した以外の稼ぎ方を知りたい場合は、以下の記事にヤフオクやメルカリ、ネットショップ等から稼げる商品を見つける方法をまとめていますので、稼ぐための知識をさらに深めたい場合はご覧ください。

転売仕入れ方法厳選18選、皆がこっそり稼いでいる方法を公開します

2018.12.02

僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?