お金に余裕がないのにどうすればいいのか分からないあなたへ

お金に余裕がないと、気持ちにも余裕がなくなり、
不安、焦り、イライラを抱えてしまうのは仕方のないことです。

「お金がなくても毎日を楽しもう!」というフレーズを目にしますが、
実際のところ、そう簡単に気持ちの持ちようを変えられるものでもありません。



お金に余裕がない状態というのは、
もうずっと前から続いていて、
思考や行動に染みついてしまっています。

スーパーやコンビニでの買い物、
友人と遊ぶ時、外食する時、
旅行費用、趣味に必要なお金
通販での買い物など…


何をする時も財布の中身が気になったり、
口座の残高が頭に浮かんでしまい、
欲しいものを好きなように買えなかったり、
やりたいことがあっても諦めることも多くなります。

お金に余裕がないということばかり考えてしまえば、
人生の楽しみなんてないものだと、
これからずっとお金に苦労するんだと、
そんな悲しい考えが出てきてしまいます。


お金に余裕がある友人や知り合いの生活を知ると、
どうして自分だけこんな苦しい生活なんだと
思ってしまいがちです。

彼らはあなたがやりたくてもできないことを
簡単にやってのけます。

しかもなんのためらいのなく。



世の中は常に不公平で、
生まれた瞬間から決まるものさえあります。

生まれた家の資産、個人的な能力。

生まれた家が金持ちであれば、
困った時にいつでも助けてもらえます。

余裕がないと言えば、
援助してもらうことも容易でしょう。


個人的な能力も努力である程度はカバーできますが、
もともと頭の回転が早い人には勝てません。

今から僕らが医者や弁護士になろうと思っても厳しいものがあります。


収入においてもそうです。

就活に失敗したり、
給料が低い会社に勤めてしまったら、
給料の額で生活の全てが決まります。

給料が高い会社というのは、
必然的に高い能力が重視されるので、
僕らはそもそも戦いの土俵にすら立てないこともあります。

能力の高い人同士で限られたイスを奪い合うので、
そこにつけいれる隙はないのです。


中小企業でもさらに競争があり、
どんどん隅へ追いやられた人は、
安い給料で働くことしかできなくなります。

こうして、お金に余裕がない日々が始まるのです。


うん。

実に理不尽。


同じ人間なのに、こうも生きる環境が変わってしまう。

おかしいと思いませんか?


小さい頃から勉強し、良い高校や大学に入り、
高い給料がもらえる安定した就職先へ・・・

敷かれたレールから外れたり、乗り損ねた者は、
絶えず苦労する人生が待っている。

これが世間の常識です。



過去の僕はこの常識をひたすら信じていました。

何も能力がなかった僕は完全に負け組です。

安月給の会社に勤めることになり、
定年までお金に余裕がない生活を送らないといけないと思ったとき、
一切の希望が絶たれた気持ちになりました。


僕も安月給の会社を辞めてからは、
高い給料の職場に入れないかと
転職活動を頑張ってみたり、
資格を取ろうともしましたが、
結局どれもうまくいかず無駄骨に終わりました。



そんな生活を送っていた頃、
あるものに出会いました。



それが、
「自分の力だけで稼ぐ」というものです。


会社に雇われて生きていくしか選択肢がないと思っていた僕には、
非常に衝撃的な出来事だったのを今でも覚えています。


「雇われてもいないのにどうやって稼げるんだ?」
と半信半疑だったんですが、
どうやらそこには稼げる理屈が存在していました。


なけなしのお金をはたいて安いパソコンを買いました。
ネットに繋がる環境を用意しました。
稼ぐための教科書的な教材というものも購入しました。


もう何も望みがなかった僕はひたすら実践しました。
そしてようやくお金を稼ぐことに成功したのです。

最初に稼いだ額は8000円。

そして、そこからも順調に収入は伸びていき、
ついにはお金のことを気にせず好きなことができるようになりました。


ずっと長いこと暗いトンネルの中にいたはずが、
出口から射し込む光を見つけることに成功し、
やっとそこから抜け出すことができました。



たった一つの選択肢を知らないだけで、
多くのものを犠牲にして生きてきてしまいました。


今もこの現実に希望を失い、嘆き、
生活も苦しく、好きなこともできず、
ただただ生活費を稼ぐために
朝から晩まで労働し、
それでも必死に食らいついて
生きている人が大勢いるはずです。


あなたもその中の1人ではないですか?


お金に余裕がないなんて考える必要もなく、
好きなこと、やりたいことを思うままに楽しみ、
充実させることこそが人間の本来の姿だと僕は思います。


しかし、この社会では何をやるにしてもお金がかかります。

そのために自分で稼ぐための力を身につける必要があるのです。


稼げるようになったあとは、
あなたのやりたいように生きていけるようになります。

お金に対するストレスに悩まされることもありません。
節約や我慢、欲しくても諦めるといったこともなくなります。

欲しければ買い、食べたければ食べ、行きたければ行く、
そんな生活を送るのが当たり前になります。

あなたは嫌というほど苦労してきたはずです。
そんな苦しみを味わうのは、もう十分です。


これからは人生を楽しむ方向へシフトしてください。
自分で稼いで、やりたいことをやって日々を充実させていく。

ただそれだけを考えて進めばいいです。

やっと人生を変えるきっかけに出会ったんですから。



自分で稼ぐということがイマイチ分からない方は、
以下をご覧ください。
↓↓
初心者の方へ


僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?