貯金がない不安を劇的に解消するたった一つの解決策とは?

貯金がないと不安になったり、
常にお金のことが気になって仕方なくなります。

働き続けても給料は上がらないし、
生活するためにほとんどのお金が消えていく。

貯金をしたくても、
一向に収入に余裕が出てくる気配もない。

これでは不安が消えないのも無理ないです。



しかし、貯金があれば、
本当に不安は消えるのでしょうか?

確かに、口座にほとんどお金がない状況では、
預金が50万円でもあれば一時的な不安からは逃れられます。


しかし、預金が50万円あっても、
会社の業績不信で収入が減ったり、
生活状況が変わったりすれば、
貯金は瞬く間に消えていきます。




それでは貯金が1000万円あったら、
安心が手に入るのでしょうか?

僕はこの問いに疑問を抱きます。

貯金があって安心できるというのは、
勤めている会社が倒産しない前提だったり、
確実に会社に勤めているという前提で判断しているからです。


調べてみると、
中小企業が20年存続する確率は0.4%です。
30年になると0.02%と言われています。

つまり、20年後には、
現在業績が安定している会社でも、
1000社中40社しか残らない計算です。
30年後には1000社中2社しか残りません。



この現実を見た時に、
果たして貯金が1000万円あれば、
安心して生きていけるのでしょうか?


もちろん、それくらい貯金があれば、
会社が倒産しても数年くらいは無職でも問題ありません。

その間に再就職がうまくいけば、
貯金は減りますが、何とか生活はしていけます。


しかし、20~30年後の
歳を取った自分を想像したとき、
会社が存続しているかとか、
再就職がうまくいくかとか、
自信を持って「大丈夫」と言い切れるでしょうか?



僕はそんな確証は持てないです。

そのときには中年になっていますし、
体力や仕事のスキルもかなり落ちていると思います。

一つの会社で身を固めていると、
その会社がダメになったとき、
再就職もままならない例は往々にしてあります。




もちろん、働かなくてもいいくらい貯金があれば別です。

年収240万で生活しているなら、
80歳まで生きるとして、
40歳でリタイアしたとすれば、
9600万円あれば不安を感じずに生きていけます。

少し余裕をもって年収300万程度がいいなら、
1億2000万くらい貯めておけば問題ありません。


ただそんな金額を貯金できるのは、
宝くじで1億円以上が当たったり、
毎月数10万円以上の貯金を
何十年もかけて貯めていくしか方法はありません。


これって現実的に考えて可能でしょうか?


恐らく世のサラリーマンのほとんどは、
こんな貯金をすることはできないと思います。




では、
貯金があっても不安要素が消えないのなら、
どうすればそれを解決できるのでしょうか?


僕は「会社以外の収入源を確立する」
これしかないと思います。



会社に収入に頼りきっていると、
会社の業績の上がり下がりで、
あなたの生活水準が簡単に変動してしまいます。


業績がよくなれば、
給料が上がるかもしれないし、
業績が悪くなれば、
サービス残業が増えたり、
給料やボーナスのカットも平気で行われます。



毎月給料を振り込んでもらわないと
生活が送れなくなるので、
あなたの生活は良くも悪くも
会社との共存状態になっているのです。


もちろん、いくら歳をとっても
転職できる絶対的な自信があれば、
特に心配する必要はありませんが、
そうでないのであれば、
収入源が会社の給料しかないのは少し危険だと思います。




未だに多くの人が、
個人でも収入を増やせるという
現実に気づいていません。


副収入といえば、
本職の前後にバイトを入れたり、
内職をしたり、ポイントサイトで
数円単位のお小遣い稼ぎを想像します。

確かにそれでもお金は得られますが、
現代ではただ労働を増やしたり、
ポイントサイトで微々たるお金を
稼ぐような時代ではなくなってきているのです。



インターネットを使ったビジネスでは、
時給換算で2000円というのは普通の話です。

帰宅後に1時間程度ビジネスをすれば、
毎月5~10万程度のまとまったお金が入ってきます。

仕事の前後にバイトを入れたとしても
同じ時間でこの金額を稼ぐのはなかなか難しいと思います。




会社の給料と副業の収入を合わせれば、
会社の上司の収入を超えることなど、
そう難しい話ではないのです。


たった一つ収入の柱が増えるだけで、
安心感が全然違ってきます。

「今月はお金が無いから節約だ」とか
「出費が多いから遊びに行けない」とか
「節約してもお金が足りない」とか

そんな不満からは一気に解放されます。



そもそも最初から、
「会社の収入で生きていくしかない」
なんて誰が決めたんでしょうか?


おそらく皆お金に苦労しているから
それが普通と解釈してしまい、
生活が変わる可能性を探すことすら
頭に浮かばなくなってしまったんだと思います。


「この給料でやりくりしないと」
「今月は普段以上に節約しないと」
「我慢して乗り切るしかない」

すべてが給料の中でやりくりする前提になってしまっています。


常識とは本当に恐ろしいものです。

思い込むとそれ以外の選択肢が
目に入らなくなるんですからね。




常識に従っている限り、
その他大勢の人たちと同じ生活が待っています。


「皆節約して頑張っているから
もっと頑張らないと」と思えば、
今後も永遠に節約から解放されることはありません。


しかし、
「皆節約して頑張っているけど
もっと生活を楽にできないかな?」と思えば、
副収入を得る方法を探したり、
生活を改善する方法を探すようになり、
新しい世界や生活を手に入れるきっかけをつかむことができます。


どちらの未来が幸せかは、
考えるまでもないのではないでしょうか?

 

不安なことをひたすら考えても
状況はなかなか良くなってはくれません。

貯金がなくて不安なら、
給料以外の収入源を確立するほうが
圧倒的に早く生活が変わる見込みがあります。


そして新たな収入源を確保したら、
それを貯金に回してもいいし、
遊びに使うお金に回してもいいです。



それに、
今あなたが置かれている状況が
人生の限界地点ではありません。

これからの人生はいくらでも変えられるのです。

限界だと思い込んでしまうから
そこで止まってしまうのです。


そのことに気づいたら、
その事実を受け止めて行動すれば、
それに伴って未来が変わり始めます。

そこからまた新しい生き方を
始めても遅くはないんじゃないかなと思います。


「善は急げ」の精神で
新しいものに飛び込んでいきましょう。


僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?