なぜ値下げするほど売れなくなるのか?

電脳せどりをやっていると、
売れにくい商品を仕入れる場合があると思います。

しかし、そこで売れないからといって値下げをしてしまうと、
ある条件の商品は逆に売れなくなります。

それは、月に1回や2ヶ月に1回くらいしか売れない、
いわゆるロングテール商品というものです。


こういった商品はそもそも欲しい人の数が少ないので、
少ない中からぽつぽつと購入する人が出てきます。

大抵の場合、欲しいと思いつつチェックはするものの、
「この金額で買うのはちょっとな」とブレーキがかかってしまいます。


売れないなと思いあなたが値下げしたらどうなるでしょう?

お客は「おっ!安くなっている、買わないと」
となりますが、まだ金額で悩んでいます。


値下げをしても売れないので数日後また値下げをします。

お客は「また値段が下がっている、でも売れていない」と分かるので、
これはあまり買う人がいない商品なんだなと感じます。

そうなるとお客はできるだけお金を払いたくないので、
ひたすら値下げされるのを待ち続けます。

「今日も値下がりした」
「また値下がりしている」
「どこまで下がるか見てみよう」

こんな風にして値下がりをずっと監視されるようになります。

そしてこれ以上安くなったら他の人に買われると感じた瞬間、
「ポチッと購入ボタンを押すのです」

実際にあなたが欲しいものがあったとして、
その商品が同じ状況だとしたら、値下がりを待ちますよね?

購入者も一人の人間なので、できるだけ損はしたくないのです。


しかもロングテール商品であるほどその傾向が強くなります。

最初は利益が一万円ある商品だったのに、
売れないからとどんどん値下げしていったら、
利益がほとんどなくなったということも起こり得ます。


ロングテール商品は基本的に値下げはしない方がいいと思います。

相場より少し高く金額を設定していても、
あなたの他に誰も出品者がいなければ、
あなたからしかその商品は買えなくなるわけです。

でも欲しいと思ってチェックしている人はいます。


そして値下げが全くされなかったらどうでしょう?

お客は「この商品はなかなか出回らないし、
この出品者も全然値下げする気配がない」と感じます。

そうなるとお客も諦めムードになり、
少し高いけどこの価格でも仕方ないかと思って、
しぶしぶ購入に至ります。


ロングテール商品を値下げしたい場合は、
少しずつ値下げをしても売れにくいので、
ある程度一気に値下げをしたほうがいいです。

販売価格が15000円だとして、
値下げ上限が12000円だとするなら、
14000円⇒13000円⇒12000円と値下げするより、
15000円⇒12000円の方がお客は安くなったと感じやすいです。

この時に「早く買わないと他の人に買われる!」という衝動が起きて、
そのまま購入されていくという流れになりやすくなります。

ロングテール商品は最初の値付けに注意しましょう。


ロングテール商品を処分したくなった場合は、
給料日付近を狙うようにしましょう。
給料日が25日の会社は比較的多いとされています。

なので、処分したい商品があるなら、
お客の財布の紐も気持ちも緩んでいる、
25日~月末あたりに値下げすると売れやすくなります。


逆に言うと高値の商品も売れやすくなるということです。

25日あたりから月初め付近まで高値で売れないか粘っておいて、
その期間を過ぎたら一気に処分価格にするという手もありです。

どちらがいいかはあなたの好きなように選んでください。



このようにお客の心理を少し考えてみると、
過去の相場より高い価格で売ったりできるようになります。

あなたが販売している商品は、
おそらくあなたが欲しいものではないので、
その商品を欲しがる人の心理は分かりづらいです。

なので、あなたが普段から欲しいと思っている商品を見て、
今回の例を当てはめてみてください。

恐らく過去にも値下げを待ったことがある商品があったり、
高値でも仕方なく購入した商品があるのではないでしょうか?

それをあなたが販売する商品にあてはめて値付けをしましょう。



購入者の心理を知りたければ、
その商品のレビューを読んでみるといいと思います。

例えば「この機能ならこの商品しかない、他のものはどれも微妙だった」
などというレビューが複数あったなら、
その機能を重視する人は高値でも購入してくれるので、
高値で放置していても問題ないと判断できます。


このように商品のレビューでは、
購入者の生の声を知れるので、
仕入れや販売など参考になる部分は多いと思います。

しかし、現在仕入れがあまりできていないのであれば、
まずは仕入れに集中しましょう。

売る商品がなければ値付けの方法をいくら知っても、
活かせませんからね。

仕入がある程度できるようになったら、
お客の心理なども考えてみると面白くなっていくと思います。


僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?