貧乏コンプレックスを解消しお金の余裕まで手に入れる方法とは?

貧乏というのは強いコンプレックスを抱きますよね。

生活に余裕がなかったり、
満足にお金を使えなかったり、
我慢ばかりしないといけなかったりと、
他人にはわからない辛さがあります。


しかし、そのコンプレックスを
いつまでも抱き続ける必要はありません。

ちゃんと解決する方法があるので、
その方法を知って活用してみてください。


きっと今後の生活を変えるきっかけになると思います。

 

それでは詳しく説明していきますね。

 

他人と自分を比べない


お金に対する劣等感というのは
他人と自分を比べることで起こります。


例えば、
公務員や給料の高い所に勤めている友人とか、
会社の同僚の親が金持ちで金使いが荒いとか、
高くて買えないものを目の前で買っていく他人とか、

こういう光景を目にしたときに、
自分の生活と比べてしまい劣等感を抱きます。



僕も数年前までは、
貧乏な自分へのコンプレックスは非常に強かったです。

何をしていてもお金が気になるし、
1万円の買い物をしている人を見て、
「お金がある人はいいなー」と羨ましくなっていました。


ただ、そういう人たちを気にするほど
どんどん自分のみじめさに気づくんですよね。

自分と他人は何もかも違うはずなのに、
同じように考えてしまい勝手に落ち込んでしまうのです。


そうやって毎回、自分に嫌気もさしますし、
現実逃避したくもなります。



でも、そんな生活を送っていても、
嘆くばかりで何も変わりませんでした。

誰かと自分を比べるあまり、
ネガティブな感情が大きくなってきて、
目の前のことを楽しめなくなっていたのです。



これから先も劣等感を感じると思いますが、
「劣等感を受け止めて今置かれている状況を楽しむ」
という選択は誰にでも可能なはずです。


そうすれば次第に気分も軽くなり、
誰かと自分を気にする回数は減ると思います。

本当に貧乏ならネットも見れない


これは自分を貧乏だと思っている人が、
意外と貧乏ではないという証明でもあります。


本当の貧乏というのは、
衣食住が脅かされる状態です。

借金取りに追われていたり、
食べるものを買うお金がなかったり、
服が破れていたり、家がダンボールだったりといった状態です。



今こういった状況にある人は、
ネットサーフィンもできませんし、
生きていくだけで精一杯ですし、
他人の目を気にする余裕もないです。


ネットを見られているというのは、
最低限の生活が送れているということです。

ネットを見るだけでも、
月に数千円から1万円前後かかりますからね。




人間の欲というのは限りがないので、
給料が上がればもっと給料を上げて欲しくなり、
良い生活を手に入れればもっと良い生活を望むようになります。


先ほど述べたことですが、
借金取りに追われている人から見れば、
あなたが送っている生活は幸せそのものです。

衣食住が安定していて、
健全な悩みを持てているわけですからね。



しかし、あなたからすれば、
あなたよりお金に余裕がある人は、
もっと幸せな生活だろうなと想像します。


でも、その人からすれば、
その人よりお金に余裕がある人は、
さらに幸せに見えてしまいます。



一旦立ち止まってみれば、
どんな人でも悩みを抱えているし、
今の生活に満足していないし、
もっと良い生活を手に入れたいはずです。

そういうことを考えてみると、
今の生活というのも案外悪いものではないということがわかると思います。

自分が持っているものを再確認する


お金=幸せなのでしょうか?

僕はそうではないと思います。

確かにお金があれば、
ある程度なら欲しいものも買えます。
少々高い料理も頼めます。
行きたい場所にも旅行に行けます。



では、ここに一人という条件を加えるとどうでしょう。

一人で買い物に行き一人で楽しむ。
美味しそうなお店に一人で食べに行く。
行きたい場所に一人で旅行に行く。

これって幸せなことでしょうか?


もちろん単独行動が好きな人もいますが、
多くの人は誰かと関わった時も幸せを感じるものだと思います。



もし仮に、あなたが貧乏じゃなければ、
過去や現在の行動も変わっているので、
今、周りにいる誰かとの出会いはなかったはずです。


一緒に遊びに行ける友人も、
支えになる恋人やパートナーとも出会うことがなかった可能性もあります。

こういった繋がりは、
お金があっても得られないものです。



すべて過去の環境や、
お金がなくて選択できなかったこと、
それさえも今の繋がりができるきっかけだったのです。


お金はなくとも、
お金では手に入らないものが周りにあるじゃないですか。


それをしっかりと再確認すれば、
これから先の人生の幸福度も高くなっていくと思います。


お金があったとしても、
周りに誰もいないということほど、
悲しいことはないですからね。

生きる知恵が身についている


お金がないということは、
普段から節約しないといけないので、
余計な物は買うことができません。


そうなると家にあるもので代用したり、
無料で何かを手に入れるルートを知っていたり、
他人が全く気づかないことに目を向けることができます。


お金がない分、その他で補おうとするので、
自然と頭をひねる癖がつき、思考の柔軟性が身につくのです。



以前友人と食事に行った時に驚いたことがあって、
一体どこから見つけてきたのかわからないような、
割引券やクーポーンなどを平然と使っていました。


ここはこの日になると10%オフになるとか、
今度遊ぶ日はあそこの店が安くなるとか、
そういった情報にかなり精通していたんですね。


彼はそのクーポンなどをネットで探したようですが、
僕が普通に検索しても見つかるものではなかったです。



友人に詳しく聞いてみたら、
普通の人は知らないサイトがあって、
そこで割引券などを取得したそうです。


僕だったら、ずっと探しても
まず見つけることができないと思います。

彼のハングリー精神には脱帽です。


「探してみれば意外と何でもあるんだな」
とそのとき彼に教えられました。




お金がないと様々な情報に敏感になるので、
他の人が聞き流すような話でも、
何かと結び付けて、得する方法を思いついたり、
損していたことに気づいたりするようになります。



お金がないというのは、
表面的な生活を見れば苦しいものですが、
その暮らしの中で身につけた知恵は、
今の状況がなければ手に入っていなかったものです。


そうやって身につけた考えや知恵は、
お金の損得以外でも利用できるので、
誰にも奪えない財産だという見方もできます。




普段頭をひねったりしない人は、
ひとたび生活の中で問題が起きると、
頭が真っ白になってパニックになったりします。


実際にそんな光景を何度も見たことがあります。


その人は仕事ができる人ですが、
それとこれとは別ものなんだなと感じた瞬間でもありました。



日々起きる生活の問題の中で、
色々と思考を巡らせられるというのは、
それができないその他大勢より優位に立てているということです。


それは間違いないと思います。

他人にはない忍耐力がある


お金がある人とお金がない人を比べると、
決定的に違うのはストレス耐性です。


まず、ほとんどの人は仕事をしているので、
皆同じように仕事に対してのストレスがあります。

そして、お金がないと、
仕事のストレスに加えお金のストレスもかかります。


ということはお金がなければ、
ストレスに強くならないと生活していけないということです。



ただでさえ仕事のストレスは大きいものです。

嫌いな上司とも仕事したり、
仕事にも神経をすり減らしたり、
体を動かすので疲労もたまります。


それらのストレスや疲労がたまったうえで、
さらに節約や我慢をしないといけない状況があります。


そんな生活を送らないといけないと、
嫌でもストレスに強くならざるを得なくなります。

これは誰でもできることではないのです。



しかし、こうしたストレスは悪い面ばかりではありません。



人より苦労することが多いというのは、
その分、他人を理解する力も高くなるということです。


何も苦労せずに平然と生きている人は、
平気で人を傷つけたり、嫌われたりしています。

しかも、本人はそれに気づいていないという始末です。



もちろん、
お金がなくて卑屈になれば失敗しますが、
それを他人を理解する材料に使えば、
今の苦労している状況もプラスに変えることができます。


そして、
世の中には同じように苦労している人がいます。

そういった人たちと関わって、
新たな楽しみを見つけることだってできます。


ネット上には色んなコミュニティがありますし、
生活に疲れたならそこで愚痴を聞いてもらうこともできます。




僕が思ったのは、
苦労している人は魅力的ということです。


絶え間なく襲うストレスや、
それでも暮らしていかないといけない現実。

ここを乗り越えるには、
自分と向き合って乗り越えるしかないからです。

自分のメンタルが弱いなら、
余計なことが考えないようにしたり、
メンタルを強くする方法を模索しないといけません。


そうやって様々な葛藤があるなかで、
必死こいて、これまでの生活を乗り切ってきたはずです。

そこは誇りを持っていい部分だと思います。



確かに現状はかなり大変だと思いますが、
苦労してきた日々には価値があり、
歳をとった時に深みのある人間になれます。


50歳くらいで子供みたいな精神年齢の人とはわけが違うのです。

お金がないという現実を見ると、
どうしてもマイナス面を考えがちですが、
この状況じゃないと身につかなかったものもたくさんあったはずです。


そういったことに目を向ければ、
価値がある生活を送ってきたことに気づけると思います。

劣等感の強さは武器になる


劣等感を持っている人は、
劣等感を持っていない人より、
その物事について考える回数が圧倒的に多くなります。


ということは他の人よりも執着心が強いということです。


それをマイナス方向へ使うのはダメですが、
努力する方へ力を使えばこれ以上ない武器になります。



中途半端にお金に余裕がある人は、
もっと生活を良くしたいと思っても、
行動にブレーキがかかりやすくなります。


今のままでも問題ないので、
高望みして得られるものより、
それに伴う時間の消費などを嫌います。


そして、
「絶対に生活を変えてやる!」
というモチベーションも湧きずらいです。




その反面、コンプレックスが強い人は、
すでにお金を求めている状態なので、
生活を変えられるきっかけがあれば、
一気に突っ走ることができます。

いわゆる「失うものがない」状態です。



極貧の家庭で育った人が会社の社長になったり、
金持ちになってお金に不自由しない生活を手に入れていたりするのは、
過去の感じた劣等感や不足感が原動力となっているからです。




貧乏に対するコンプレックスを
抱いているということは、
すでに劣等感を活力に変えられる力があるということです。


あとは、その力を何に使うか、
どう使うかで今後の生活が決まってきます。


お金がないからといって、
人生自体を諦める必要は全くないのです。

巻き返す方法はいくらでもあり、
その方法を今まで知らなかったというだけのことなのです。

貧乏から抜け出す方法を探す


貧乏という状況をなくし、
劣等感を感じなくするには、
これが一番手っ取り早いと思います。


あまり知られていませんが、
現在では個人が収入を得るには最適な時代です。



10年ほど前であれば、
ネット環境もあまり整備されておらず、
収入を増やすには、仕事の前後にバイトをしたり、
出世や転職や資格取得を狙うしかありませんでした。


しかし、現在ではネット人口も1億人を超え、
それに伴い、様々なサービスが普及しました。


・個人でもできるインターネットビジネス
・内職を仲介してくれるクラウドサービス


ひと昔前には存在しなかった
新しい収入の増やし方が現れたのです。



会社の給料はなかなか上がりませんが、
収入源を複数持つという考えを持てば、
月に数万円~10万円を稼ぐ程度なら、
個人でも十分可能な範囲になります。



実際に、ネットを使った副業は多々ありますし、
難易度も簡単なものから難しいものまであります。

お金のことであれこれ悩むくらいなら、
少しでも生活が変わる可能性を見つけ、
そこに時間を使うことも大切だと思います。



今のまま過ごしても変化はないですが、
何か行動をすれば生活にも変化が訪れます。


同じ時間を過ごすなら、
何か行動を始めたほうが、
有意義な時間になるのは間違いないです。



僕が貧乏に対するコンプレックスを解消できたのも、
数年前にネットを使ってお金を得られるようになってからです。


収入が増えただけで、
コンプレックスがあっという間に消えました。

やはり原因そのものを取り除くのが
一番効果的だなとそのとき強く感じました。

 

まとめ

 

貧乏に対するコンプレックスをなくすには、
「考え方、見方を変える」という方法と、
「貧乏という状況をなくす」という2種類の方法しかありません。


どちらを選んでもいいですが、
僕がおすすめする方法は、
今持っているものを再確認して、
劣等感を減らしつつ、
収入を増やす行動を始めるということです。


考え方は今日からでも変えられますし、
収入を増やす行動も今日から始められます。


行動すれば未来は変わりますし、
行動しなければ何も変わらないままです。



貧乏から脱出するために行動を始めれば、
今から数ヶ月後にはコンプレックスが消えて、
人並み、もしくは人並み以上の生活が得られる可能性があります。


収入が増えれば生活が変わりますし、
生活が変われば価値観も変わり、
劣等感から解放されます。

もう一度そこからやり直しても遅くはないと思います。



そこまでたどり着いたら、
今まで溜めこんだ不満を一気に解放し、
やりたいことをやって、人生を楽しみましょう。



例え、給料が安い会社に勤めていても、
個人的にお金を稼いでしまえば、
高給取りの誰かに嫉妬することもなく、
自分が楽しいと思えることに没頭できます。



人生は苦しむためにあるものではないので、
貧乏から抜け出せる選択を取り、行動していきましょう。

そうすれば、今のこの状況も
過去の話だと笑い飛ばせるようになると思います。


毎日会社に行く必要もなく、
人間関係のストレスもなく、
それでいてお金にも困らない。

「雇われずに豊かに暮らす」
そんな生活が可能になる方法は
こちらのページで公開しています。



僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?