Amazonの説明文を変えると高額商品が3倍早く売れる理由とは?

電脳せどりでは定価超えの商品を扱うことが多くなると思います。

定価超え商品は、
価格が高い傾向があるので、
安値の商品に比べて回転が遅くなりやすいです。

しかし、ちょっとした工夫をすれば商品の売れゆきが良くなります。

この方法は定価超え商品かつ、
出品者があなたしかいない場合に使えます。


それは「商品説明文を工夫する」ということです。

定価超え商品というのは、
価格が1万円以上のものも普通にあるので、
価格の高さゆえに購入をためらう人がいます。

その人たちに買ってもらうには、
「今買わないともう手に入らない」と思ってもらうことが重要です。


そう思ってもらうには、
商品説明文に、
「一点限りの在庫のみで次回入荷はありません」
「前回販売した際もすぐ売れてしまったので、購入はお早めに」
「この商品は滅多に市場に出回らないので、この機会を逃すともう手に入らないかもしれません」

このような文章を書くと、
購入を検討している人は焦る気持ちが生まれます。


「商品説明文なんて誰も見ないよ」
と思うかもしれませんが、

Amazonの利用者の中には、
個人の出品者が出店していることを知っている人もいるので、
新品のコンディションでも状態をチェックする人がいます。

購入する側からしても、
高いお金を出して買ったのに、
箱が潰れていたりボロボロだったら嫌ですからね。


そして、商品説明文をチェックしているときに、
「今買わないともう買えないよ」というニュアンスの言葉が目に入ります。

説明文をチェックしている人は、
その商品が欲しい人ですから、
少なからず葛藤が生まれるはずです。


「確かにこの商品は久しぶりに出品されたんだよな」とか、
「今は出品されているけど、誰かに買われたら嫌だな」とか、
「ずっと前から欲しかったから手に入らないのは困る」とか、

こういった感情が芽生えやすくなるので、
そのまま「ええい!ポチッ!」と購入してくれる人もいます。

商品を購入するのは人間なので、やはり感情に左右されます。


仮に、商品を購入したい人が100人いたとして、
8割の人が先述した説明文を見たとしたら、
その中から1人くらい購入してくれる人がいると思いませんか?

僕も欲しい商品があった場合、
そういった説明文を見ると、
一度は真剣に購入を検討すると思います。

どうしても欲しい商品ですからね。


もし、仕入れた商品がかなり希少なものであれば、
説明文で希少価値を猛アピールしましょう。

きっと良い結果になると思います。



この方法を上手く活用すれば、
モノレートの過去の最高販売額を超えることも可能になります。

実際僕もこの方法を使って、
過去に売れた最高金額を何度も塗り替えたことがあります。

一文を説明文に加えるだけなので、すぐにできます。

説明文をテンプレート化しておけば、
定価超え商品を仕入れるたびに、
コピペして貼り付けるだけなので、かなり楽チンです。

Amazon販売の一つ手法として、有効活用しましょう。

 


僕は現在月140万円ほど稼いでいます。

お金を稼いでいるというと、
でたでた怪しい奴って絶対思いますよね。
周りからも才能があったんじゃないかとも言われます。

 

でも、僕はレジ打ちもクビに追い込まれましたし、
人と関わるのが苦手で人間不信にもなりました。
就職した会社も結局馴染めず数年で退職しました。

他人に対して劣等感しかなかった僕でも、
数ヶ月ビジネスを頑張ってみたら人生がひっくり返りました。

 

稼いでみて思ったことは、
みんな知らないだけで
知ってたら誰でも稼げるな、
正直にそう感じました。

 

それまでの僕は、
実家が貧乏で常にお金がない日々を送り、
就職して何年経っても給料が上がらず、
節約ばかりの生活でお金のことが頭から離れませんでした。

そんな状況だった僕でも、
たった一つのことを知っただけで、
お金を自由に使える生活を手に入れることができました。

今では好きな時に、
1万円以上の買い物をしたり、
平日に焼肉を食べに行ったり、
ふらっと旅行に行ったりしています。


以下では元レジ打ちが月140万稼ぐまでの過程を公開しているので、
何もない状態から経済的自由を手に入れるまでの流れをご覧ください。
↓↓↓
元レジ打ちが月140万稼げるようになった2つの秘密とは?